REC 公式ブログ REC 新製品 REC TP4 (単結晶ソーラーパネル)

新製品 REC TP4 (単結晶ソーラーパネル)

RECグループが数々の受賞歴をもつソーラーパネルTwinPeak(ツインピーク) 4を発表(プレスリリースより)

2021年8月 – ノルウェーに本社を置くソーラーパネルのパイオニアREC グループは、住宅用および産業用のプレミアムソーラーパネルREC TwinPeak(ツインピーク) 4の発売を開始しました。 この最新のREC TwinPeak 4の特長は、新開発のセル構造設計と前モデルを上回るその高出力です。また、他のすべてのRECパネルと同様にREC ProTrust(プロトラスト)保証パッケージの対象となります。

RECが開発した技術が詰まった スタンダードモデルRECが開発した技術が詰まった スタンダードモデル

新製品REC TwinPeak 4は2014年の発売以来、複数の受賞歴をもつRECの先駆的なツインデザインなど、TwinPeakシリーズの長所をさらに発展させたものです。REC TwinPeak 4シリーズは、新設計のセル構造、マルチバスバー技術、120に及ぶハーフカット単結晶pタイプセルの公称最大出力は375ワットにまで高められています。

RECグループ日本オフィスの林啓佑マネージャーは、「REC TwinPeak 4は、TwinPeakシリーズの技術面と性能面で最新の進歩を体現したもので、住宅や商業、そして産業の各分野における屋根上に設置するお客様に、商業競争力の高い選択肢を提供するとともに、RECグループの製品ラインナップ全体をさら強化するものです」と説明します。2014年に発売された初代REC TwinPeakは、RECの特許取得のスプリットセルおよびジャンクションボックス技術を搭載した最初の製品であり、権威あるIntersolar Award 2015を受賞しています。世代を重ねるごとに性能は高まり、REC TwinPeakソーラパネルは商業用と住宅用の両分野で屋根上設置として非常に人気のある製品となりました。

陰になっても発電するツインデザイン陰になっても発電するツインデザイン
REC Alpha(アルファ)ソーラーパネルですでに実証されているのと同じ30mmフレームとサポートバーを採用した最新のREC TwinPeak 4は、今では機械(積雪)荷重が7000 Paにまで高まり、過酷な屋根上条件においてクラス最高レベルのパフォーマンスを提供します。

優れた耐久性を発揮するフレームデザイン優れた耐久性を発揮するフレームデザイン

REC TwinPeak 4シリーズは、認定店での責任施工販売で、製品保証について25年間保証する包括的なREC ProTrust保証パッケージの対象となります。この新製品ソーラーパネルのリニア出力保証は、出力低下率が1年目はわずか2%、その後25年目までは年間0.5%と改善されていることから、REC TwinPeak 4シリーズはさらに魅力的な選択肢となります。

新製品単結晶ソーラーパネル ”REC TP4シリーズ”

Related Post

第6次エネルギー基本計画の閣議決定を受けての太陽光発電市場の見通し その1第6次エネルギー基本計画の閣議決定を受けての太陽光発電市場の見通し その1

 10月22日に第6次エネルギー基本計画が閣議決定され、2030年度の新たなエネルギーミックス(2030年度におけるエネルギー需給の見通し)も確定しました。これによって、我が国は本格的な再生可能エネルギー導入拡大と、カー […]