REC 公式ブログ REC 新製品 ALPHA PURE (HJTソーラーパネル)

新製品 ALPHA PURE (HJTソーラーパネル)

鉛フリーソーラーパネル

次世代のソーラーパネルで クリーンエネルギー革命をリードし続けるRECグループ が新製品REC Alpha Pureシリーズを発売(プレスリリースより)

革新的なギャップレスセルレイアウトを備え エレガントな外観と鉛フリー構造で環境にやさしく、 最大405Wの出力を可能に

ノルウェーに本社を置くソーラーパネルのパイオニア、RECグループは、新製品REC Alpha Pureシリーズ(以下 REC Alpha Pure)の販売を開始しました。鉛フリーの構造と出力の大幅な向上により、この新開発パネルは、複数の受賞歴をもつ2019年発売のREC Alphaシリーズ(以下 REC Alpha)を更に進歩させたものです。REC Alpha Pureの生産はシンガポールにあるRECのフルオートメーションの工場で2021年7月に生産を開始、すでに販売を始めました。

HJTソーラーパネル
HJTソーラーパネル 革新的なギャップレスセルレイアウト

■世界トップクラスの単位面積当たりの発電量

世界で最も先進的なセル技術の1つであるギャップレスレイアウトのハーフカットヘテロ接合セルを備えたREC Alpha Pureは、最大405Wを生み出します。電力密度は1平方メートルあたり219ワットと、業界最高クラスを誇り、住宅オーナーや事業者はスペースの有効利用と電気料金の節約によるメリットを享受することができます。エネルギー密度は屋根上システムでは非常に重要な要素ですが、日本のように土地や屋根上のスペースに制約がある国では特に有効です。REC Alpha Pureはパネル表面のツインデザイン、そしてオリジナルのAlphaシリーズをはじめとした歴代のシリーズで高い人気を博している特許取得のスプリットセルとジャンクションボックス技術をベースにしたものです。

新製品REC Alpha Pureは、プレミアムREC ProTrust(プロトラスト)保証パッケージの対象となり、製品、性能、および交換費用サポートについて最長25年の保証が付与され(*1)、運用25年目には92%の出力が保証されます。-0.26%/℃という並外れた温度係数により、REC Alpha Pureは温暖、そして高温条件で優れた性能を発揮します。REC Alpha Pureの頑強なフレームはあらゆる気象条件下での耐久性能をさらに強化し、最大7000Paの積雪荷重にも耐えることができます。日本の気象条件によく適合しており、初めて太陽光システムを採用されるお客様にとって最適なソリューションとなるはずです。

■業界に先駆けて鉛フリーで環境への影響を低減

REC Alpha Pureは、持続可能性を高める上で重要な役割を果たしますが、その理由の一つとしてセル接続、コネクタ、ジャンクションボックスのはんだ付けなどモジュール部品全てに鉛を使用しておりません。太陽電池モジュールで唯一ヨーロッパのRoHS規制(*2)に適合しており、このイノベーションは、天然資源を節約し、廃棄物を削減し、有害成分を排除しながらクリーンエネルギーに継続的に取り組むRECの企業姿勢そのものです。

「環境負荷を最小限に留めるということは、企業の社会的責任に対するRECの全体的な取り組みの一環です」と説明するのはRECグループの最高技術責任者Shankar G.Sridharaです。「一般的なソーラーパネルには、総重量に対して少量の鉛が含まれています。しかし規模が大きくなるとその影響は重大で、これはソーラーパネルが耐用年数の終わりにリサイクルされる段階で大きな問題となります。世界全体では、昨年だけでも約4億枚のソーラーパネルが生産されており、これから数十年後に時を進めると、2020年に生産されたパネルからは約10,000トンの鉛が生態系に送り出されることになります。つまり、REC Alpha Pureを選択するお客様は、単にクリーンなエネルギーを生成するだけでなく、環境にも大きく貢献することになるということです」。

「AlphaPureは、日本のお客様が気にかけるあらゆる要素、つまり電力密度と鉛フリーソーラーパネルの持続可能性というメリットに加えて、美しいデザイン性も兼ね備えることから、日本国内のお客様には最適な製品です」とRECグループ日本オフィスの林啓佑マネージャーは話します。

■黒を基調としたシームレスなデザインであらゆるシーンに美しく設置が可能

ギャップレスレイアウトでは、通常のセル間に見られる隙間がない為にパネル表面の面積効率が良いです。屋根上のソーラーパネルの設置はデザイン性も大切な役割を果たすことから、このギャップレスレイアウトと黒いバックシートの組み合わせによりREC Alpha Pureシリーズはシームレスな美しい外観を実現しています。さらに鉛フリー構造と高出力を兼ね備えることから住宅用と商業用のどちらの用途にも魅力的なソーラーパネルとなります。

シームレスで美しい外観を実現

■鉛フリー環境配慮型ソーラーパネル「REC Alpha Pureシリーズ」PV



RECグローバルサイトはこちら

Related Post

第6次エネルギー基本計画の閣議決定を受けての太陽光発電市場の見通し その1第6次エネルギー基本計画の閣議決定を受けての太陽光発電市場の見通し その1

 10月22日に第6次エネルギー基本計画が閣議決定され、2030年度の新たなエネルギーミックス(2030年度におけるエネルギー需給の見通し)も確定しました。これによって、我が国は本格的な再生可能エネルギー導入拡大と、カー […]

第6次エネルギー基本計画の閣議決定を受けての太陽光発電市場の見通し その2第6次エネルギー基本計画の閣議決定を受けての太陽光発電市場の見通し その2

次に、新エネルギーミックスを達成していくための再生可能エネルギー電源の目標値を見ていきましょう。各再生可能エネルギー電源のうち、地熱発電、水力発電、バイオマス発電は旧エネルギーミックスから大きく目標値は変わっていません。 […]