REC 公式ブログ REC リライアンスグループ(年間売上8.3兆円、純利益8280億円、2021年10月13日現在)との提携でソーラーパネル製造事業拡大

リライアンスグループ(年間売上8.3兆円、純利益8280億円、2021年10月13日現在)との提携でソーラーパネル製造事業拡大

10月10日にプレスリリースをし、この度リライアンスインダストリーズ社(以下リライアンス社)に100%すべての株式を譲渡しグループ傘下に入ることになりました。

実は弊社、数年前より事業拡大についての計画があり資本提携のできるインベスターを探していたのですが、計画に賛同いただけ、お互い利害の一致したリライアンスグループ(年間売上8.3兆円、純利益8280億円、2021年10月13日現在)と資本提携することとなり、事業拡大を大きく加速することになりました!

詳細は今後明らかになっていきますが、ノルウェー本社、シンガポール本社工場に始まる現体制(シニアマネジメントはそのまま)に加え、シンガポール工場の増設、欧米やアメリカなどの先進国内での工場新設、リライアンス社への供給を中心としたインド国内への大型工場の新設など、年産10GWの生産ラインの増設計画がございます。

インドは2030年までに450GWの再生エネルギープラント建設を目標としている一方で、リライアンス自身は単体で今後10年以内に100GWのプラントを建設予定しており、弊社のモジュールがそれを大きく後押しすることになります。

新生RECでは、この度の資本提携により、大幅な量産体制で世界のより多くの人々にリーズナブルでクリーンなエネルギーを提供し、さらに、RECの特長であるロウカーボン(低炭素)、リードフリー(鉛不使用)などの環境配慮型製品で地球規模で温暖化抑止、人にやさしい製品供給を目指します。

正式プレスリリースは以下です。(RECグローバルサイト/英文)

https://www.recgroup.com/en/news/norwegian-solar-energy-company-rec-group-becomes-part-reliance-industries-ltd-and-accelerates

※リライアンスグループ
リライアンス社は、インドのムンバイに本社を置くインド最大の民間企業で、2021年3月期の連結売上高は539,238インドルピー(738億ドル)、現金利益は79,828インドルピー(109億ドル)、純利益は53,739インドルピー(74億ドル)となっています。リライアンス社の活動は、炭化水素の探査・生産、石油精製・販売、石油化学、小売、デジタルサービスなど多岐にわたっています。



Related Post

ソーラーシェアリング

世界的なエネルギー資源情勢の激変とソーラーシェアリングの役割世界的なエネルギー資源情勢の激変とソーラーシェアリングの役割

前回はソーラーシェアリングの各国事情について取り上げましたが、それからわずか2ヶ月で世界情勢は一変しました。東欧のウクライナとロシアの戦争によって世界のエネルギー資源市場は激変し、食料需給の逼迫もこれから生じてくることが […]

新製品 REC TP4 (単結晶ソーラーパネル)新製品 REC TP4 (単結晶ソーラーパネル)

新製品REC TwinPeak 4は2014年の発売以来、複数の受賞歴をもつRECの先駆的なツインデザインなど、TwinPeakシリーズの長所をさらに発展させたものです。REC TwinPeak 4シリーズは、新設計のセル構造、マルチバスバー技術、120に及ぶハーフカット単結晶pタイプセルの公称最大出力は375ワットにまで高められています。