REC 公式ブログ REC ソーラーパネルの選び方(品質・性能・保証)

ソーラーパネルの選び方(品質・性能・保証)

最も良いソーラーパネル

ソーラーパネルってどれも同じ?

ソーラーパネルの種類には結晶系、化合物系、有機物系など、いくつかの種類がありますが、現在日本で流通しているソーラーパネルのほとんどが結晶系でシリコンを使った製品がほとんどです。
さらに、シリコン結晶系には単結晶、多結晶、、、ヘテロ接合、N型、P型、、、と様々な種類がありますが、一般の方には少しマニアックな内容でなかなか理解することが難しいかもしれません。
シリコン結晶系の場合、特に見た目もほとんど区別がつかずエンドユーザー様だけでなく施工店様でもその違いを正確に理解されている方は少ないかもしれません。
それくらい判断しにくいものですが、実際は初期劣化の違いや経年劣化、実発電量に影響するなど、同じように見えるソーラーパネルでも少しづつ違いがあります。

ソーラーパネルの格付け

では、皆様がソーラパネルを選ぶときにどういった比較方法があるでしょう?業界的によく言われる一つの基準として、”Tier1(ティアワン)メーカー”(Bloomberg Module Tiering List)にリストアップされていることを基準にされる方がいらっしゃいますが、こちらはある一定基準の実績(例えばメガソーラークラスのサイトをいくつも複数の金融機関で融資を受けている)や財務内容などを各メーカーが自己申告制度によりエントリーして、条件に合致していればリストアップされます。
つまり、エントリーしたメーカーがリストアップされているのでそもそも条件に合致しないメーカーはエントリもしませんし、良いものを作っているメーカーでも製造規模が小さい場合やメーカーの方針に合わない場合はリストアップされることはありません。

2022年おすすめソーラーパネル
2022年おすすめソーラーパネル

例えば、上記のランキングはオーストラリアのSolarquotesが発表した”2022年に購入推奨する最も良いソーラーパネル”という記事です。
ソーラーパネルを製品品質や性能、メーカーの保証体制やサービスで検討しようとする場合には、SolarquotesSOLAR ANALITICAのようなサイトがユーザー様にとっては良いものを選ぶ判断材料になるのかもしれません。
こちらはBloombergのように自己申告ではなく、各メーカーの製品品質、性能、保証といったものが第3者により評価されているサイトとなります。

ソーラーパネルの選び方(品質性能保証

先に述べたように、SolarquotesSOLAR ANALITICAでは、品質・性能・保証で評価をされています。
実は、皆様でも各メーカーサイトで製品の比較をすることができます。例えば比較できる内容をピックアップしますと

・機械荷重(正荷重と負荷重) 一般的にはIEC基準の正5400Pa(積雪など)、負2400Pa(風など)です。(RECでは正荷重7000Pa、負荷重4000Pa)
・ダンプヒート試験(RECではIEC規格の約3倍の試験)
・サーマルサイクル試験(RECではIEC規格の約3倍の試験)
・PID耐性
・塩水噴霧試験 各社Severityレベルが違います。(RECではSeverity 6で最高等級
・アンモニア耐性試験
・耐雹衝撃試験
・製品保証 一般的には10年から15年(RECでは20-25年)
・出力保証 一般的には25年(ただし製品保証内容に起因するものは製品保証の期間が適用)

上記内容はユーザー様でもカタログ内容を見ればある程度判断できる内容です。一部塩水噴霧試験のようなものは問い合わせが必要ですが、証明書を希望すればそこに記載されているので判断できます。
ソーラーパネル選びに迷ったときはこのような内容もチェックしてみてください。

ソーラパネルの歴史はもう50年以上にもなりますが、一般化されてからはまだ十数年、特に日本で爆発的に普及が始まったのはFIT制度が始まってからですので数年前からです。
つまりは、プロの施工業者様でもソーラーパネルの性能や品質、信頼性を正確に把握できないことがあります。RECではRCSP(RECプロフェッショナルプログラム制度)というプログラムを用いて認定施工業者様に少しでもこういった知見やサービスを提供し、エンドユーザー様への安心と安全をお届けするように努めております。

Related Post

ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングの各国事情ソーラーシェアリングの各国事情

ソーラーシェアリングは日本初の取り組み、新たな太陽光発電のモデルとして国際的な認知も広がっています。今回は、日本国外でのソーラーシェアリングに関する取り組み事情を紹介したいと思います。まず、用語としてソーラーシェアリングあるいは営農型太陽光発電という表現が日本国内では用いられますが、英語ではAgrivoltaicsという単語が用いられます。AgricultureとPhotovoltaicsをあわせた造語ですが、農業に関連する太陽光発電を包括してAgriPVと呼称するといったバリエーションも見られます。日本のソーラーシェアリングをSolar sharingとして用いると、共同出資型の太陽光発電事業などが先行した用例として存在するため少々表現がややこしくなるようです。