タグ: ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリング

多様化するソーラーシェアリングの設計と安全性多様化するソーラーシェアリングの設計と安全性

 日本国内でソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の本格的な普及が始まってから9年が経ち、その間に発電設備のあり方も多様化してきました。ソーラーシェアリングは農業と共存する太陽光発電事業を実現することで、農業生産を継続 […]

ソーラーシェアリング

世界的なエネルギー資源情勢の激変とソーラーシェアリングの役割世界的なエネルギー資源情勢の激変とソーラーシェアリングの役割

前回はソーラーシェアリングの各国事情について取り上げましたが、それからわずか2ヶ月で世界情勢は一変しました。東欧のウクライナとロシアの戦争によって世界のエネルギー資源市場は激変し、食料需給の逼迫もこれから生じてくることが […]

ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングに向いているソーラーパネルの条件ソーラーシェアリングに向いているソーラーパネルの条件

ソーラーシェアリングとは、営農型太陽光発電とも言い、農地に支柱等を立ててソーラーパネル(太陽光パネル)を設置し、作物の成長に必要な日射量を考慮しながら農業生産と太陽光発電を同じ土地を共有(シェア)して営農と太陽光発電事業を協業する取組をいいます。 営農を続けながら、農地の上部空間を有効活用することにより電気を得ることができますので、農業経営をしながら太陽光発電による売電収入などで安定した収益を得られるというメリットがあります。

ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングの各国事情ソーラーシェアリングの各国事情

ソーラーシェアリングは日本初の取り組み、新たな太陽光発電のモデルとして国際的な認知も広がっています。今回は、日本国外でのソーラーシェアリングに関する取り組み事情を紹介したいと思います。まず、用語としてソーラーシェアリングあるいは営農型太陽光発電という表現が日本国内では用いられますが、英語ではAgrivoltaicsという単語が用いられます。AgricultureとPhotovoltaicsをあわせた造語ですが、農業に関連する太陽光発電を包括してAgriPVと呼称するといったバリエーションも見られます。日本のソーラーシェアリングをSolar sharingとして用いると、共同出資型の太陽光発電事業などが先行した用例として存在するため少々表現がややこしくなるようです。