REC 公式ブログ REC 多雪地域向け補強架台が多段設置に対応しました

多雪地域向け補強架台が多段設置に対応しました


ニイガタ製販株式会社様の協力の下、雪国向けの補強架台(ハゼ式折板屋根500mmピッチ向け)を昨年末に製品化しましたが、この度、施工性に配慮した上で、より多くのパネルが設置可能な多段方式に対応しました。

この架台を使用することで、最大7段まで設置が可能です。

1段品
(1段品の通し受け金具を使用)
4段品
(0.5段品+3.5段品の通し受け金具を使用)
7段品
(3.5段品+3.5段品の通し受け金具を使用)

通し受け金具の概要

0.5段用1段用3.5段用

※使用方法のつきましては、施工マニュアルを参照願います。

メリットとしては下記2点になります。

① 設置枚数の最大化

例えば2,000m2の工場屋根に1段と7段品で弊社 Alpha Pure-R 420W品を使用して割付けした場合の設置枚数とDC容量を比較した場合では、7段品を使用した場合、設置枚数及び、DC容量とも約117%以上の増加が見込めます。

② 施工工数の削減及びアース接続箇所の削減

多段品を使用することで、施工工数の削減及び、各架台間のアース接続の点数が削減(1枚ごとにアースを取る必要なし)できます。

割付け図(イメージ図)設置枚数及び、DC容量







540枚
226.8kW







630枚
264.6kW

また、今回の仕様変更を受けて、従来品からの最大積雪量2.6m (8000Pa相当)という基準の変更はありません。例えば北海道や東北、北陸などの多雪地域でも、太陽光パネルの設置が可能になります。

設置条件

対応屋根ハゼ式折半屋根(500mmピッチ)
最大基準風速47m/s
最大設置高さ31m
最大垂直積雪量266cm

この補強金具の詳細はブログ 多雪地域向け補強架台をニイガタ製販株式会社様と共同開発しました 及び、RECソーラーパネルが2.6m積雪量まで対応可能に を合わせて参照願います。

また、この製品のプレスリリースの記事もご参照願います。

この補強架台のリーフレットはこちらからダウンロード頂けます。

これからも、お客様のニーズの沿った製品の開発を進めていきたいと考えております。

RECソーラーパネルのご購入・設置のご相談はこちら

Related Post

危険なホットスポット

10年目を迎える太陽光発電所のソーラーパネルをドローンで赤外線調査した結果10年目を迎える太陽光発電所のソーラーパネルをドローンで赤外線調査した結果

「弊社のパネルは品質が良くてよく発電します!」パネルメーカー各社は口をそろえて営業しています。弊社RECも品質を特長としており、品質に加え性能、発電、保証がいいのがセールスポイントです。 さて、果たして一般的な他社パネル […]

自家消費太陽光発電設備

REC製のソーラーパネルを使った自家消費 太陽光発電設備の施工事例002REC製のソーラーパネルを使った自家消費 太陽光発電設備の施工事例002

株式会社牧野フライス製作所様(以下牧野フライス様)の山梨県と神奈川県の2工場及び群馬県の営業所において、REC Solar製の高品質ソーラーパネル“ALPHAシリーズ”が採用されました。 牧野フライス様は『クオリティ・フ […]